コンテンツにスキップ

model 548

SKU as7091
¥245,000
¥245,000

入荷時に通知する

問い合わせ

モデル 548
1951年発表/2013年復刻

スクリーンを介し、バランスと光の反射を常に研究していたGino Sarfattiにデザインされたこのデスクランプは、反射スクリーンに向けるスポットライトによって反射光と拡散光の両方を提供します。大きなシェードは、オレンジ、青、白にて軽量な素材となるポリマープラスチックのメタクレートという素材にて洗練された光を照らし、錯覚と知覚の遊び心を表現します。光の元となるスポットライトは、白塗装されたアルミにて作成され、管状の真鍮ステムに取りつけられたベースがまた、小さな真鍮製のバーにて美しいバランスを保つ照明です。1951年にGino Sarfattiにてデザインされたこのランプは、孫にあたるAlessandro Sarfattiがオリジナルのデザインを保ちつつLED化し、「Flos with Sarfatti Collection」として復刻した照明です。

Size
φ500 H500
Weight
3.1kgs
Material
brass structure / opaline methacrylate diffuser
Lamping
埋めこみ式LED (メーカー特注)
11W 730 lumens 2700K
Designer
Gino Sarfatti
出荷日目安
受注生産につき約6-8週間
配送ランク
a
Gino Sarfatti

ジノ・サルファッティ
Gino Sarfatti
1912 – 1985

ヴェネツィア生まれのジノ・サルファッティは、航空技師を目指していましたが、家庭の事情でミラノに移り住み、ガラスの花瓶をランプに変えるエンジニアリング・プロジェクトで照明と出会いました。照明デザインとエンジニアリングとの出会いが、彼の人生の道を切り開いていったのです。1939年、〈アルテルーチェ〉社を設立し、革新的なアイデアと画期的なデザインを組み合わせた20世紀の照明を世に送り出しました。
1954年と1955年のコンパッソドーロ賞、ミラノトリエンナーレの名誉賞など、数々の賞を受賞。1951年には、マルコ・ザヌーゾと共にミラノの〈アルテルーチェ〉社の最初の店舗を設計。その10年後には、彼の生涯の友人であるヴィットリアーノ・ヴィガノが、スピガ通りにある旗艦店をデザインしました。
ジノ・サルファッティは、そのキャリアを通じて、新しい製品のタイポロジー、革新的な素材、照明技術、生産技術を探求し、インスピレーションを得ました。デザイナーとエンジニアのハイブリッドな才能により、美学と機能の両面で洗練された製品を生み出したのです。

Astep
Astepはイタリアを代表する照明デザイナーとして知られているGino Sarfatti(ジノ・サルファッティ)の孫、Alessandro Sarfatti(アレッサンドロ・サルファッティ)が設立した照明ブランドです。3世代にわたって育まれてきた経験、知識を基礎とし、環境や最新技術へ広い視野を持ちタイムレスなコレクションを発表しています。 1912年イタリア・ベニスで生まれたGino Sarfattiは、エンジニアから照明デザイナーへと転身し、1939年に自ら立ち上げArteluce(アルテルーチェ)社で700以上の作品を発表しました。Gino Sarfattiと共にArteluce社でアートディレクターとして務めていた Vittoriano Viganó(ヴィットリアーノ・ヴィガノ)はイタリア・ミラノで1919年に生まれ、建築家として工業デザイン、インテリアデザイン、都市企画など様々なフィールドで活動しました。1973年にArteluce社はFLOSの傘下となり、膨大なデザインの中から厳選したアイテムを「Flos with Sarfatti Collection」としてAstepで展開しています。COMPLEXでは、Gino SarfattiとVittoriano Viganó1950~1960年代にデザインされたアイテムを販売しております。