コンテンツにスキップ

Caps

見切り

VICTORIA CAP

ヴィクトリアキャップ

P-CAP

ピーキャップ

BOX-CAP

ボックスキャップ

  • Out of stock

    36VC5L

    3"x6" Victoria cap - end stop left
    77x154 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • Out of stock

    36VC00

    3"x6" Victoria cap
    77x154 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • Out of stock

    36VC5R

    3"x6" Victoria cap - end stop right
    77x154 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • Out of stock

    36VC2L

    3"Victoria cap - end stop left
    77x(26x21) T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • Out of stock

    33VC07

    3"x6 Victoria Cap frame corner -inside
    77×77 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • Out of stock

    33VC06

    3"x6" Victoria Cap frame corner - Outside
    77×77 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 11PC08

    1-1/2"x 2" P-cap Frame Corner -Inside
    51×51 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 11PC07

    1-1/2"x 2" P-cap Frame Corner -Outside
    51×51 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 22BX08

    2-1/2" x 2-1/2" Box Cap - inside corner
    51×51 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 22BX07

    2-1/2" x 2-1/2" Box Cap - outside corner
    51×51 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX6R

    2" x 6" box cap moulding - radius outside corner return - right
    51×140 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX6L

    2" x 6" box cap moulding - radius outside corner return - left
    51×140 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX4R

    2" x 6" box cap moulding bullnose - end stop - right
    51×154 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX4L

    2" x 6" box cap moulding bullnose - end stop - left
    51×154 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX3R

    2" x 6" box cap moulding - inside corner cove - right
    51×154 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX3L

    2" x 6" box cap moulding - inside corner cove - left
    51×154 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX2R

    2" x 6" box cap moulding - end stop - right
    51×154 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX2L

    2" x 6" box cap moulding - end stop - left
    51×154 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX1R

    2" x 6" box cap moulding - conventional outside corner return - right
    51×140 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX1L

    2" x 6" box cap moulding - conventional outside corner return - left
    51×140 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 26BX00

    2" x 6" box cap
    51×154 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 36VC2R

    3"Victoria cap - end stop right
    77x(26x21) T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 36VC04

    3"x6" Victoria cap - inside corner
    77x(26x26) T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 36VC03

    3"x6" Victoria cap - inside corner
    77x(26x26) T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 36VC01

    3"x6" Victoria cap - outside corner
    77x(31x31) T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 16PC6R

    1-1/2"x6" P-cap molding - radius outside corner return - right
    38x141 D38 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 16PC6L

    1-1/2"x6" P-cap molding - radius outside corner return - left
    38x141 D38 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 16PC4L

    1-1/2"x6" P-cap molding - bullnose end stop left
    38x154 D28 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • Out of stock

    16PC3R

    1-1/2"x6" P-cap molding - inside corner cove - right
    38x141 D27 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • Out of stock

    16PC3L

    1-1/2"x6" P-cap molding - inside corner cove - left
    38x141 D38 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 16PC2R

    1-1/2"x6" P-cap molding - end stop - right
    38x154 D28 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 16PC2L

    1-1/2"x6" P-cap molding - end stop - left
    38x154 D28 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 16PC1R

    1-1/2"x6" P-cap molding - conventional outside corner return - right
    38x141 D38 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 16PC1L

    1-1/2"x6" P-cap molding - conventional outside corner return - left
    38x141 D38 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 16PC00

    1-1/2"x6" P-cap molding
    38x154 D28 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る
  • 16PC4R

    1-1/2"x6" P-cap molding - bullnose end stop right
    38x154 D28 T10

    1903年に開業したニューヨークの地下鉄にはタイルが使用されていました。その後1935年頃起きたアメリカの大恐慌の影響により生産されなくなってしまったサブウェイタイル。 しかしながら地下鉄も時を経て修理が必要になってくるなかで、開業当時から使用されていた真っ白いタイルは、時が経ちアイボリーがか...

    詳細を全部見る